社員インタビュー

Interview
佐々木 啓太
技術本部 開発設計課
より使いやすい機械を世界に
現在の仕事内容を教えてください
入社して2年目までは新製品や新オプションの設計に携わっていましたが、3年目からは新製品や新オプションを評価する立場になりました。具体的には干渉がないか、振動が小さいか、加工能力は十分かなど製品の性能や機能を確認する業務をしています。
評価の中で問題が発生した場合には設計担当者と協力して原因究明や対策の立案・実施を行い、より良い機械を作るために日々取り組んでいます。その他にも、お客様の要求精度を満たすため機械の熱変形を小さくする試験など、様々な業務に関わらせてもらっています。
”大企業”じゃないからこそできること
自分は愛媛県出身なのですが、学生の時は工作機械メーカーを中心に地域を 限定せず就職活動をしていました。工作機械業界は少人数のチームで一つの機械を作るという特徴があり、その点にとても魅力を感じていました。そのなかでも中村留に決めた理由は、もともと大手企業にはあまり興味がなく、それほど規模の大きくない企業だからこそ若いうちから責任のある仕事を任せてもらえそう、幅広く色々なことに挑戦できそうだと思ったからです。実際入社してからのギャップはなく、様々な業務に関わることができているので、自分としては満足しています。
「世界初」を開発してきたメンバー
ベテランの先輩方は本当に知識が豊富だと感じています。実際に「世界初」をたくさん開発してきた方々ですし、どんな質問にも回答してくれるのでとても尊敬しています。そういう方達と一緒に働けるのはとても刺激になりますし、嬉しく感じます。
多角的な視野からのものづくり
仕事をする上での色々なものの見方が身につきました。設計で言うと、入社した頃にはコストなど一面的な部分しか見えていなかったものが、「作りやすさ」や「使いやすさ」「組み立てやすさ」「メンテナンスのしやすさ」など、自部門のことだけでなく他部門にも配慮しながら仕事ができるようになりました。
1日のスケジュール
7:50
出社
8:00
朝礼、グループ内ミーティング①
グループ内で当日の業務内容を確認。情報共有する。
13:00
グループ内ミーティング②
各自の業務の進捗を確認。
進捗に問題があればフォロー、日程調整など状況に合わせて対応する。
15:00
他部門との打合せ
担当案件の進捗を報告。他部門からの要望をヒアリングし、対応を検討する。
17:00
グループ内ミーティング③
当日の業務が完了したか、完了しそうか確認。
19:00
退社
就活生へメッセージを
工作機械メーカーは1つの機械を少人数のグループで設計するという特徴があります。
少人数のグループだからこそ限られた一部分だけでなく、全体を把握しながら設計を進めることができます。
特に中村留は設計、生産、営業の各部門が本社工場に集約されており、受注から設計、手配、加工、組立、検査、立会、出荷まであらゆる工程を身近に感じられる環境です。
自分の関わった機械を最初から最後まで見ることができるので、これが大きなやりがいにも繋がります。
一工程だけでなく幅広く様々な仕事をしたい方が活躍できる会社だと思います。