お知らせ

心なごむ金木犀のかおり

DSC02597

DSC02604

DSC02605

金木犀は、中国南部より日本へ江戸時代に入ってきたといわれています。
中国では、月にはとても大きな金木犀の木があると言い伝えられてきました。
金木犀が咲き始めると月が満ちてゆき、満月の夜に月が明るく輝くのは、
金木犀が満開になったから、、、という言い伝えもあります。

構内の金木犀は今が 満開です。 月は新月ですが夜見るとぼんぼりにも
見えます。その下を通ると、心が和やかになる香りがします。


中村留精密工業株式会社 > 心なごむ金木犀のかおり

PAGETOP