お知らせ

”世の中やひとり花咲く百日紅(さるすべり)”

 

DSC02413

 

”世の中やひとり花咲く百日紅”  正岡子規の俳句です

 正岡子規は、この百日紅の木を好んだらしく多くの俳句を残しています。

炎天下の中に、ひとり孤軍奮闘咲いている 百日紅を自分の立場を省みて親近感を感じたのかもしれません。

地元石川県では、高校野球にて星稜高校が初の優勝かと連日盛り上がりを見せています。

炎天下のなか、泥だらけで汗をかきながら一球入魂する高校球児の姿に多くの感動をもらっています。


中村留精密工業株式会社 > ”世の中やひとり花咲く百日紅(さるすべり)”

PAGETOP